山口教区ネットワーク利用のガイドライン

1.ネットワーク管理者

本願寺山口別院ホームページを通じての教区内寺院並びに門徒間のネットワークの管理は、本願寺山口別院ホームページ管理者(以下、HP管理者)がその任に当たる。HP管理者は教区内寺院並びに門徒間のネットワークが適切且つ有効に機能するために必要に応じて関係機関と連絡を取りながらネットワークの管理に当たる。

 

2.禁止される行為

利用者は相互の信頼に基づいてネットワークを利用するものとし、次の行為をしてはならない。

(1)法令及び公序良俗に反する行為

(2)営利を目的とする行為

(3)第三者の人権、著作権、その他の権利を侵害する行為

(4)第三者を誹謗・中傷したり、差別につながるような行為

(5)チェーンメール 、ウィルス等のネットワークシステム破壊行為

(6)ネットワーク管理者が許可していない行為

(7)その他山口教区が不適当と判断する行為

 

3.情報の著作権

ネットワーク上での著作物については、利用者は著作権法に充分留意し、違法な公表、複製等の行為をしない。

 

4.情報の削除

利用者が明らかに本ガイドラインの趣旨に反した情報掲載等を行ったと判断される場合、事前に通知することなく当該利用者の情報を削除する。

 

5.リンク

利用者個人のホームページと本願寺山口別院のホームページをリンクする場合は、HP管理者の許可を得て行うものとする。

 

6.その他

本ガイドラインに示していない行為等については、ネチケット(ネットワーク・エチケット)についての理解を深め、ネットワークの安全且つ有効利用に努めるものとする。

(参考:ネチケットホームページhttp://www.enc.or.jp/enc/code/rule/)

 

7.補則

このガイドラインに示した事項については、必要に応じて見直しを行うものとする。

 

2009(平成21)年3月25日作成